たまもんもん日和。

アイマスとか何とかあれこれ綴るブログ

【デレマス】気ままにアイドル語り第9回「井村雪菜」「藤居朋」「杉坂海」

NEWS:シンデレラガールズ5thLIVEツアー「Serendipity Parade!!!」開催中!静岡公演感想記事はこちら

f:id:tamamon_mt:20170405055109p:plain

 

季節は春となりますが、時たま寒い日もありますね。

この間新幹線に乗っていたら3月末だというのに雪積もってましたよ雪。思わず写真撮ってしまいました。

そんなちょっぴり寒さも感じる時にはこのユニットを思い出したい。本日のアイドル語りは井村雪菜、藤居朋、杉坂海の3人からなるユニット「ハートウォーマー」についてです。

 

こちらのユニットの初登場は2014年8月の「第8回ドリームフェスティバル」。ただしこの時は朋と海の2人での登場でした。その後2014年11月の「第8回アイドルLIVEロワイヤル」にて雪菜が加わりユニット結成という形に。年齢は朋が19歳、海が18歳、雪菜が17歳と丁度階段状。しかしそんな雰囲気を感じさせない調和の取れたユニットです(むしろ朋が一番年下的立場になることもしばしば)。

シンデレラガールズ劇場でも342話・351話・403話などでユニットとしての絡みを確認することができます。また、アイドルトークも朋と海、海と雪菜の間で実装されているようです。

 

そして現在開催中の「ドリームLIVEフェスティバル スプリングSP」では3人のうち雪菜と朋の2人が同時に登場!更に朋のSR[ピックアップフォーチュン]特訓前では初めてユニットの3人が揃って描かれている姿が。

 

f:id:tamamon_mt:20170405053740j:plain

 

まさに取り上げるのに絶好の機会、ということで今回選ばせてもらいました。では、早速一人ずつ見ていきましょう。

 

(本シリーズは各アイドルについて、主に4年前の最初と今の印象の違いだったり、好きなカードやそれぞれの思い出など、個人的な主観中心でだらだらと語っていく企画です。担当Pではないので知識不足や間違いなどもあるかとは思いますが、その点はご了承ください。)

 

井村雪菜

f:id:tamamon_mt:20170405053832j:plain  f:id:tamamon_mt:20170405053849j:plain

メイクが好きな少女で、見た目は大人びて見えますが17歳です。『~ですよぉ』など語尾がよく小文字になるのも特徴。出身は秋田ですが、同郷の奥山さんとは違って訛りも無く、すんなり都会にも順応している様子。ちなみに名前の読み方は「せつな」で、「グラハム」もいるシンデレラガールズにおいては、「ガンダム00」ネタで盛り上がることも多かった記憶。

雪菜の初登場は2011年12月の「星降るクリスマス」のイベ限定Rで、そこから再入手の機会もしばらく無く、次の再登場は2013年1月のフェスR[コスメティックガール]。個人的にはこの時にようやく存在を認知し始め、2013年10月のツアーSR[ロマンティックナイト]登場時には「お化粧の好きなふんわり系の女の子」という大体の認識を得ていました。

その後も恒常R[びっくりウィンク]や限定R[オータムコレクション]等を経て徐々に可愛らしい一面を見せていく雪菜なのですが、それを経た後に改めて初期R+を見返すとかなり驚きがあります。何という悪そうな顔をしているんだと。しかもこんなダークな表情なのに、セリフは『プロデューサーさんのおかげで私もこんなに変わっちゃったんですよ♪可愛くなりました?じゃあ、お返ししないといけませんね!ほぉら、プレゼントですっ!受け取ってください♪』と心から喜んでいる様子。

元々雪菜はもっと可愛くなるためにメイクを趣味としていて、そしてそれより更に可愛くなるためにアイドルのスカウトを受けたわけですが、ひょっとしたらその「可愛い」は一般的なアイドルとしての「可愛い」とは少し違うのかもしれません。『○○○さんは綺麗な子と可愛い子、どっちが好きですか?女の子はメイクと気持ちで…何にだってなれるんですよ♪』初期Rの親愛MAXのセリフなのですが、彼女としては「綺麗」でも「可愛い」でも、とにかく普段の自分とは違う自分に「変身」できることを一番重視しているのではないか、と感じるのです。このビジュアルのみを徹底的に追求するスタンスは、シンデレラガールズの中でも中々独特な立ち位置なのではないでしょうか。

そんな雪菜が再び悪そうな表情を見せたのが2016年1月の「鋼鉄公演 きらりんロボ 襲来!コスメティア帝国」。このイベントの敵役として登場したのがコスメティア帝国の女帝セツナで、その様子を写したSR[ビューティーヒール]特訓前が一つ目のお気に入りカードです。『普段の自分と全然違う人になれるから、お芝居は楽しいですよねぇ♪また一つ、成長した気がします~!』そうです、この姿もまた彼女にとっては喜ばしい変身の一つなのでしょう。ちなみにこちらのイベント、クリアファイルとしてあみあみさんから商品化もされています。

そしてもう一つのお気に入りカードが今回登場のSR[花畑マキアージュ]特訓前。…何だかんだいって優しそうな表情の彼女も好きなんです。そして[ロマンティックナイト]特訓前もそうですが、本当に抱きしめたくなるくらいの体の柔らかさが伝わる私服姿がたまらなく好きです。…あ、R[サマービーチ]も凄いぞ!

まだまだ、雪菜の本当の変身はこれからだと思っていますし、これから見せてくれるメイクの数々を楽しみに待ちたいですね。

f:id:tamamon_mt:20170405054555p:plain

 

藤居朋

f:id:tamamon_mt:20170405054051j:plain  f:id:tamamon_mt:20170405054109j:plain

占いが好きな19歳で、何をするにしても占いを元に決める性格です。ただし占いはあくまで雑誌等の結果を参考にするだけで、朋自身が占い師というわけではありません。名前を略して「ふじとも」と呼ばれることが多く、実際に私も普段はそう呼んでいます。

初登場は2012年3月の「アイドルサバイバル雛祭り編」とこれまたイベ限定Rであり、その次の登場は2012年12月の同じくサバR[ゴスペルドレス]。私個人としてはここで初めて彼女の存在を知った形になりますね。そして2013年5月には恒常R[ラッキーフォーチュン]が登場します。

で、2013年10月にはSR[フォーチュン★スター]として恒常SRが追加。この頃には朋について「何かよく分かんないけど可愛いんじゃないか」という意識が固まっていました。特訓前、陰影の付き方など含め、派手さはないけどお気に入りの一枚です。そして特訓後は彼女らしい神秘的な一枚。ユッコと合いそう……というより実際に「ミステリアスガールズ」というユニットも組んでいます。『え…?今、水晶に…未来が映った!?あたし、トップアイドルになって、○○○と…。ううん、絶対、ホントの未来にしてみせる!』そういえば、Pと対等な目線でいるのも朋の魅力の一つですよね。友達感覚。

この後、2014年7月の2枚目の恒常R[スピリチュアルガール]、2015年3月のトークバトルショーメダルSR[フォーチュンチアー]と続きます。様々なカードの中で朋の髪型はその時々によって変わるのですが、大体主なパターンは、基本の一つに盛った姿、二つに分けた姿、髪を下した姿の3つに分かれます。皆さんはどのパターンの髪型の朋が好きですか?……私はどれも好きです。

そして2015年7月の「アイドルプロデュース おいでよ!海の家」。朋はR枠での登場になるのですが、朋関連ではこのイベントが一番記憶に残っていますかね。この時の共演者は十時愛梨大沼くるみ及川雫桐生つかさという何ともユニークな面子。しかもつかさは後半からの参戦だったので、前半はとときん・くるみちゃん・雫ちゃんの3人に囲まれる朋の姿があるわけで、まぁ、その………あれなのですが、当の本人はというと『今日のラッキー水着は、リボンに花がらで決まり!水着だからこそあたしの素の魅力がわかるでしょ?ポーズもバシッと決めちゃうから、見ててよね。』『あたし、眩しいでしょ♪』『こういうのはトータルバランスが大事!』などとさほど意に介していない様子。そのポジティブさに憧れる。

今だからこそ何となく分かるのですが、私が自然に朋を好きになっていった理由としては、その辺りのいい感じの明るさにあるのではないかと。元々Pと対等な目線で渡り合ってる上、占いという趣味のおかげで日々の話題も豊富で、色んなお仕事に対する積極性もある。あともう一つ付け加えるなら、前々から言ってるシンデレラガールズ19歳組の子供以上大人未満な独特な魅力もあるでしょうか。そんな感じで、実際に接してみたら特に楽しいアイドルの一人だと思いますので、皆さんも是非触れてみてください。

f:id:tamamon_mt:20170405054606p:plain

 

杉坂海

f:id:tamamon_mt:20170405054335j:plain  f:id:tamamon_mt:20170405054352j:plain

長いポニーテールの黒髪が特徴の18歳。趣味はウインドサーフィンということで体育会系なのかと思いきや、ファッションにも昔から興味があったと初期Rで語っています。エスニック系が好きらしい。弟ばかりの兄弟の長女として育つ中で獲得した家事スキルがあるのも特徴です。

初登場は2011年12月の限定ガチャR。そのためこちらも後々入手がし辛かったアイドルになるのでしょうか。2013年2月には月末ガチャR[メルヘン&ゴシック]で2度目の登場。この辺りまでを見ると向井拓海や桐野アヤなど、「姉御」系統のアイドルに繋がるものを感じます。実際姉ですけど。

そこから「おっ」と個人的に思わせたのが2013年6月のR[エキゾチックダンサー]と2014年7月のR[ほのかな甘さ]ですね。いずれも恒常Rなので現在もガチャから入手できます。こちらの特訓前、前者は裁縫、後者はお菓子の切り分けと、前述の家事スキルを存分に披露。この描写のおかげで、「いい女」感が増して彼女のことを好きになった人もぐっと多くなった印象。『…ガサツなウチが裁縫なんて似合わないかな。弟たちの世話をしてたら自然と身についてさ。へへ』『○○○さん、みなおした?いちおう家庭的なんだよ、ウチは』ちょっと誇らしげでいながらも、気取りすぎないスタイルがまた素晴らしい。

上記2枚の恒常Rの間となる2014年3月には、初SRとなるロワイヤルメダルSR[エキゾチックサーファー]が登場。特訓前では水着で趣味のウィンドサーフィン姿を披露。こちら、デレステにも実装されたため手に入れてる人も多いのではないでしょうか。2枚目のSRとなる2015年6月のドリフェス順位点SR[夏色情緒]も印象的です。特訓前は照れながらはにかむという珍しい表情。『「お姉ちゃんもしかしてデート?」とか言われて、弟たちにからかわれたよ。 …そんなにいつものウチと違う?○○○さん』特訓後が豪快に決めているイラストだけに、ギャップが凄く素敵ですよね。

ここまでのカードも素晴らしいのですが、今回お気に入りカードとして選んだのはこの更に後に登場した2枚です。1つ目は2015年12月のフェスR[テンダーハート]特訓前。飲み物渡してくるシチュエーション自体が元々好きな上に、服装もかなり好みです。『真冬なのに生足さむくないのかって?いつも潮風できたえてるからぜんぜん大丈夫だよ。ハ…ハックション!』実は寒いけどオシャレ優先とのこと。かわいい。またこのカードでは『ステージ衣装もウチが担当したいな』と夢を語っているのですが、それが実現したのが、もう1枚のカードである2016年6月登場の初の強SR&ぷちコレ上位SR[エキゾチックドレッサー]+。ぷちコレ上位カードは全体的に好きだと以前書きましたが、こちらも例に漏れず。背中を大胆に見せた姿がかっこ良く、美しい。こちらの衣装のリボンは海自身のお手製で、特訓前の方では衣装制作の様子も見ることができます。『いよいよ出番だね。胸の波は高いけど…この衣装を作ってくれた人たちや、○○○さんからの熱い風が…ウチを前にぐいぐい押し出してくれる!それじゃあ、思いっきり魅せてくるよ!』彼女らしい台詞と共にランウェイに向かう海。これからも彼女だからこそ魅せられるお仕事の数々に期待したいですね。

f:id:tamamon_mt:20170405054619p:plain

 

いかがでしょうか、ハートがウォーマーしてきたでしょうか。

本当に3人とも心が温かくなるアイドルなんですよね。雪菜は見た目からしてぬくぬくしてますし、海は結婚したくなるような面倒見の良さ、そして朋は……いろんな姿が愛おしい。

 

3人の絡み自体もなかなか微笑ましいので、是非ともまた劇場なりライバルユニットなり、色々な場所に出てきてほしいですね。

 

関連商品

アイドルマスターシンデレラガールズ マスコットクリアファイルセット Bセット

アイドルマスターシンデレラガールズ マスコットクリアファイルセット Bセット

 

 

前回のアイドル語り

次回のアイドル語り

 

 

↓読者登録はこちらから↓