たまもんもん日和。

アイマスとか何とかあれこれ綴るブログ

【PSVR】ビューイングレボリューション「EDIT LIVE」体験レポート

NEWS:シンデレラガールズ5thLIVEツアー「Serendipity Parade!!!」開催中!静岡公演感想記事はこちら

f:id:tamamon_mt:20170613130450j:plain

 

PSVR専用ソフト「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」に新しく「EDIT LIVE」モードが実装されました!

 

 

5thライブツアー大阪公演にて突如発表されたこちらの機能、何とシンデレラガールズ183人の登場アイドル全てを、条件つきながら自由に編成できるというもので、あのアイドルやそのアイドルが踊っている姿を全てVR空間内で見られちゃうという素晴らしい機能なんです…!

 

かくいう私、実はPSVRを発売当日に購入しており(Amazonで運良く予約できました)、ビューイングレボリューションもリリース当初から何度も遊んでいました。

数ヶ月おきにDLCで追加される新曲の数々を楽しみながらも、心の底では「デレステみたいにこの曲を担当アイドルだけで踊らせてみたいな~」と思っていたわけです。

 

多分他のプロデューサーの皆さんでも、「自分の担当アイドルがいないから」という理由でいまいちこのソフトに手が出せなかった方も多いのではないのでしょうか。

 

…それが、今回の「EDIT LIVE」モード追加によって状況が大きく一変することになります。

 

これまで「自分の担当はボイスついてないし関係ないよ」という感じだった各アイドルのPに、大きく揺さぶりをかけてきたこちらの新機能。…早速試してきたので、レポートしていきたいと思います。

 

 

そもそもビューイングレボリューションって?

 

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」は2016年10月13日発売の「PlayStation VR」のローンチタイトルとして発売された、ダウンロード限定のソフトです。

 

アプリゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)」のモデルを使用し、シンデレラガールズ初の単独ライブの会場となった「舞浜アンフィシアター」の舞台で踊る3Dアイドル達の姿を映したPVは、公開直後から各所で大きな話題となりました。

 

デレステ」との大きな違いはVRならではの没入感。会場の椅子やモニター、機材などが丁寧に作り込まれており、プレイヤーの周囲にはコンサートライトを持ちながらコールをする観客もいて、まるで本物のライブ会場にいるかのよう。

また、コンサートライトは自分の手でも持つことができ、その数は左右でそれぞれ最大4本ずつ。色も自由に選べちゃいます。更に、別売りの「PlayStation Move」を用いれば自分の手の動きがそのままVR空間内のライトの動きになるなど、より一体感を味わうことができるのです。

 

f:id:tamamon_mt:20170613130858j:plain

 

プレイヤーが座れる座席の数は前方部分5ヶ所の他、会場全体が見渡せる後方座席1ヶ所。

デレステでは楽曲中に様々なアイドルにカメラアングルが行ってしまいますが、VRならお気に入りのアイドルの目の前に行き、その一人に注目してライブ鑑賞を楽しむこともできるわけですね。

 

f:id:tamamon_mt:20170613130938j:plain

 

他にもプレイヤーの身長は150cmから190cmまで自由に変更することができ、190cmだと他の観客が視界に入らない自分だけのライブを、150cmだとステージ上のアイドルを見上げる形でのライブが楽しめるなど、ライブの鑑賞の仕方も多彩です。

 

 

収録楽曲

 

初期の収録楽曲は以下の3曲。

 

お願い!シンデレラ(島村卯月渋谷凛本田未央神崎蘭子小日向美穂城ヶ崎美嘉城ヶ崎莉嘉多田李衣菜三村かな子)

Star!!(赤城みりあ・アナスタシア・緒方智絵里新田美波前川みく)

『Yes! Party Time!!』(島村卯月渋谷凛本田未央赤城みりあ安部菜々)

 

また、発売以後にDLCで追加された楽曲は以下の6曲(各税込1200円)。

 

『アタシポンコツアンドロイド』(11月配信:双葉杏小日向美穂前川みく)

『Snow Wings』(12月配信:島村卯月渋谷凛本田未央上条春菜・大槻唯)

GOIN'!!!』(1月配信:小早川紗枝川島瑞樹高垣楓高森藍子十時愛梨)

『Orange Sapphire』(3月配信:赤城みりあ城ヶ崎莉嘉諸星きらり)

『Tulip』(5月配信:速水奏塩見周子一ノ瀬志希宮本フレデリカ城ヶ崎美嘉)

『???』(7月配信予定)

 

このうち、今回「EDIT LIVE」機能が実装されたのはお願い!シンデレラのみとなっています。

1曲のみですが、9人の立ち位置を183人のアイドルから自由に選べるというのは、これまでのビューイングレボリューションに比べるとかなり高い自由度。しかもこちらは全て無料配信というのだから驚きです。

 

 

実際に「EDIT LIVE」をやってみた

 

f:id:tamamon_mt:20170613131458j:plain  f:id:tamamon_mt:20170613131413j:plain

f:id:tamamon_mt:20170613131634j:plain  f:id:tamamon_mt:20170613131704j:plain

 

こちらがメニュー画面。PSVRを持っていなくてもこのメニュー画面だけは見ることができます。多彩なアイドル達がセリフつきで色々ポーズを決める姿は見ていてとても楽しく、これだけでも2480円分の価値はあるかも…?

で、今回は新しく追加された左から二番目の「EDIT LIVE」のアイコンから入っていきます。

 

f:id:tamamon_mt:20170613131820j:plain  f:id:tamamon_mt:20170613131903j:plain

 

すると初期のユニット編成が表示され、ここから各属性ごとにアイドルを3人ずつ選んでいく形になります。「キュートしかセンターにできないのかよ!」という声が聴こえてきそうですが、そこは楽曲演出上仕方のないことなのかも。本当はその制限も取っ払ってほしいのですけどね。

 

f:id:tamamon_mt:20170613131944j:plain

 

適当に編成して、いざライブスタートです!

 

 

f:id:tamamon_mt:20170613132114j:plain

f:id:tamamon_mt:20170613132248j:plain

f:id:tamamon_mt:20170613132338j:plain

f:id:tamamon_mt:20170613132514j:plain

 

おお、おおお…!?

 

春ちゃんが…!

ヘレンさんが…!

志保ちゃんが…!

時子様が…!

 

そこにいる……!!

 

 

画像はPS4に実装されているスクショ機能を使ったもののため、上手く伝わり辛いのですが、実際のアイドル達はもっと近くで感じることができます。

 

…基本的にデレステと同じモデルのはずなんですけども、動きや立体感など、感じる「生々しさ」はデレステ数十倍以上。そんな素晴らしい体験が、今度はボイスのついていないアイドル達ででも出来るなんて……本当に感動ものです。

 

 

追加アイドルたち

 

6/13の「第1回アイドル追加」で追加されたアイドルたちは以下の通り。

 

Cu:古賀小春、櫻井桃華、大原みちる、白菊ほたる、日下部若葉、早坂美玲、柳清良

Co:ヘレン、和久井留美、桐野アヤ、荒木比奈、上条春菜、水木聖來、高橋礼子

Pa:喜多日菜子、赤城みりあ相葉夕美、財前時子、槙原志保、難波笑美

 

みりあちゃんや春菜などは既に他楽曲でモデルが実装されていますが、今回おねシン編成可能メンバーとして改めて追加された形になりますね。そしてアイドルは以後も毎週追加され、公式サイトによれば第9回まで予定されているとのこと。…思ったより全員揃うのは早そうです。

追加メンバーに関しては「デレラジ☆」の放送内で順次発表されるとのことで、いち早い情報が気になる方はそちらをチェックしましょう!

 

(追記:2週目以降の追加アイドルたちもこちらで随時記載していきます。)

 

・第2回アイドル追加(6/20)

Cu:安部菜々一ノ瀬志希、丹羽仁美、池袋晶葉、緒方智絵里、奥山沙織、赤西瑛梨華

Co:吉岡沙紀、古澤頼子、ライラ、綾瀬穂乃香、佐々木千枝、小室千奈美高垣楓

Pa:土屋亜子、沢田麻理菜、大槻唯、浜川愛結奈、及川雫、星輝子

 

・第3回アイドル追加(6/27)

Cu:桃井あずき、棟方愛海、五十嵐響子、関裕美、持田亜里沙クラリス、井村雪菜

Co:藤原肇、梅木音葉、藤居朋、速水奏、氏家むつみ、岡崎泰葉

Pa:三好紗南、仙崎恵磨、ナターリア、依田芳乃、矢口美羽、龍崎薫、杉坂海

 

 

当ブログでビューイングレボリューションに関してはずっと触れる機会を逃しており、この度ようやく記事を書くことができましたが……本当にシンデレラガールズの夢の結晶の一つだと思っています。だって二次元のアイドルが歌って踊る姿を「この目で」見ることができるのですから。

そして今回、183人のアイドル全てがその舞台に立てたことで、その夢は更なる飛躍を遂げたといって良いでしょう。今後も更に期待が膨らむコンテンツです。

 

PSVRには他にも印象的なソフトやコンテンツが多数ありますので、皆様もお金に余裕があれば是非、購入を検討してみて下さい。(それ以前に今現在売っているところを探すこと自体難しいかとは思いますが…)

担当アイドルを体感する」、その体験にはきっと値段分以上の価値があると思います。

 

 

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

 
PlayStation Move モーションコントローラー

PlayStation Move モーションコントローラー

 

   

 

最後までお読み頂きありがとうございました

読者登録はこちらから↓