たまもんもん日和。

アイマスとか色々とかの記録を綴るブログ

ミリオンライブ!シアターデイズ(ミリシタ)配信開始!初日プレイ感想

NEWS:シンデレラガールズ5thLIVEツアー「Serendipity Parade!!!」開催中!幕張公演感想記事はこちら

f:id:tamamon_mt:20170630062115j:plain

 

遂に待望の「アイドルマスター ミリオンライブ!」の新作アプリゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」略して「ミリシタ」の配信が開始されました!

 

 

デレステ」に続くアイドルマスターシリーズのリズムアプリゲーム2作目となる本作。

 

GREE版の「ミリオンライブ!」からは世界観を一新し、旧来の765プロオールスターズ13人の後輩として「39プロジェクト」のアイドル39人が加わって、全52人のアイドルをプロデュースしていくという形になりました。

 

アイドル達の分類も「プリンセス」「フェアリー」「エンジェル」という新しいタイプ分けになる他、新キャラクターとして、桜守歌織(CV:香里有佐)白石紬(CV:南早紀)という2人のアイドル、そして新事務員の青羽美咲(CV:安済知佳)が加わります。

 

新たな「ミリオンライブ!」の姿に期待できる本作品、私も早速プレイしたので、初日のプレイで感じたおおまかな感想を書いていきます。

 

ゲームシステム

f:id:tamamon_mt:20170630062239j:plain

f:id:tamamon_mt:20170630062301j:plain

まず何といっても特徴的なのが、ライブパートは勿論、メニュー画面(劇場)やコミュでも3Dで動くキャラクター達。ゲーム開始時のエントランスをくぐる演出といい、コンシューマー版の「アイドルマスター」シリーズのゲームを思い出させるような演出と出来栄えです。…その分、対応機種はやや新しいものに限られますが、いずれにせよスマートフォンでこんなゲームが出来るのか、とデレステを初めてプレイした時と同じ感動を抱きました。

その他の部分ではデレステに近い部分が多く見られますが、「同じカードが1枚までしか所属しない」点や、「親愛度はアイドル別で共有される」など細いところで色々違いがみられます。

 

ライブ

f:id:tamamon_mt:20170630062501j:plain

f:id:tamamon_mt:20170630062517j:plain

公式サイト上では既にMVが色々と公開されていますが、それを観れば分かるように、アイドル達が3Dでよく動く姿が見られます。また、ライブ設定では2D演出にすることも。こちらはアイドルの2D画像が表示されるだけのシンプルな画面です。

特徴的なのはリズムアイコン。一般的な音ゲーでは難易度ごとにノーツ数を増やして難しくしていくのが主流だと思いますが、本作では「2MIX」「4MIX」「6MIX」という3つの難易度でそれぞれアイコンの流れるレース数を2→4→6と変えていくことで、差をつけています。また、6MIXをクリアすると更に上の難易度である「Milion Mix(MM)」が出現。やってみましたが、こちらは中々のやり応えです。

また、上記はデレステのような5人のアイドルでの「ユニットライブ」での話ですが、ミリシタではこれに加えて縦画面でアイドル1人の姿を楽しめる「ソロライブ」の機能も。こちらは「2MIX」「2MIX+」という2種類の難易度があるようです。
その他、リズムアイコンの動き自体も特徴的な演出が様々。楽曲途中でアイコンの流れてくる速度が変わったり、楽曲途中でバースト演出が入ったりなど、“魅せる”部分に特化したゲームになっているな、という印象です。

 

初期収録楽曲は十数曲ほどで、ミリオンの曲数全体からするとやや物足りないのですが、それはこれから増えてくることでしょう。嬉しいのは、ミリオンのレーベルであるランティスの曲だけなく日本コロムビア側の楽曲であるTHE IDOLM@STERが収録されていること。旧来の765プロダクションの楽曲を追加できるのはこのゲームにとっての大きな財産となるでしょうし、今後も増えていってほしいですね。

 

アイドルについて

f:id:tamamon_mt:20170630062351j:plain

上記の通り、同一カードは1枚までしか所属しません。そのため、カードのLvを上げるレッスンは「レッスンチケット」というアイテムを使用して行うことになります。

また、アイドルをライブに参加させ、覚醒ゲージをMAXにさせると「覚醒」を行うことが可能になります。覚醒を行うと、レアリティ表記に「+」がつき、カードイラストが変化。つまりデレステでいう「特訓」ですね。

更に、それらとは別に「マスターレッスン」というものも。こちらは専用アイテム「マスターピース」を用いて行うもので、SSRのアイドルに全4回「マスターレッスン」を施すと特殊な衣装が貰えるようです。

 

コミュ

f:id:tamamon_mt:20170630062602j:plain

f:id:tamamon_mt:20170630062624j:plain

コミュは大まかに分けて「メイン」「アイドル」「エトセトラ」の3つ。

メインコミュ」ではアイドルの楽曲が解放となるストーリーが展開、「アイドルコミュ」では各アイドル個別で親愛度や各カードの覚醒に応じたコミュが展開、そして「エトセトラ」は、所謂デレステでの「アイドルトピックス」にあたる「アイドルのヒミツ」や「オフショット」などを閲覧することが可能です。

 

お仕事

f:id:tamamon_mt:20170630062641j:plain

プロデューサーLvが5以上になるとプレイできるモードです。こちらは「元気」を使用して経験値、マニー、親愛度やアイテム等が獲得できるというもの。アイドルとの触れ合いができ、稀に「お仕事チャンス」として選択肢式のコミュが出てくるのは本家を彷彿とさせますね。

ライブに比べて短時間で元気を消費できるので、時間が無い時などはこちらで済ませておくのもお勧めです。(その場合、ライブは獲得した「ライブチケット」を消費して行うことができます。)

 

ガシャ

f:id:tamamon_mt:20170630062722j:plain

ガシャ確率は最高レアのSSRが3%、SRが12%、Rが85%。ちなみにデレステの方でもミリシタの配信と同日にSSRの確率が同じ3%となりました。ガシャの価格やシステム的にもデレステと全く同じ感じ。

そして初期にて開催中の「ようこそ!プロデューサーさんガシャ」では天海春香春日未来最上静香白石紬伊吹翼桜守歌織の6人のアイドルのSSRの他、田中琴葉を除く765プロのアイドル51人がそれぞれSRとRのどちらかにてラインナップに含まれています。SRの方のアイドルは狙って引くのは中々大変そう…。

 

また今ゲームを始めると、2018年6月30日までSSR確定ガシャ」を引くことが可能です。こちらでは上記のSSR6名がラインナップとして登場。

ちなみに私の結果はというと……

 

f:id:tamamon_mt:20170630062743j:plain

f:id:tamamon_mt:20170630062805j:plain

 

…大正義・天海春香さんでした。

 

まとめ

これまで述べてきたことの他にも、アイドルからの「メール」や「ブログ」が見られたりなど、デレステと同じようで色々と違う「ミリシタ」。これまでデレステで遊び慣れてきた人は勿論、これが音ゲー初挑戦だよという方にも楽しんで貰えるゲームとなっていると思います。

 

GREE版のリリースからすると5年目を迎えるミリオンスターズのアイドル達が、「シアターデイズ」という新しい舞台でどのような物語を生み出すのか?……果たして本家のようなカオスなイベントが今後展開されたりするのか?

……そんな風に、シンデレラガールズメインの自分としても楽しみな一作ですので、今後も面白い動きがあったら記事にしていく予定です。

 

 

 

。。。(早くかなしほのSSRがほしいなぁ…。)

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました

読者登録はこちらから↓