たまもんもん日和。

アイマスとか色々とかの記録を綴るブログ

【モバマス】歴代バレンタインキャンペーンを振り返る

NEWS:第8回シンデレラガール総選挙閉幕!振り返り記事はこちら

f:id:tamamon_mt:20180211193636j:plain

 

ハッピ~~~バレンタイ~~~ン!(青羽美咲ちゃんの声で再生して下さい)

 

というわけでバレンタイン当日にはまだちょっと早いのですが、デレマスPの界隈では早くもバレンタインの風が吹き荒れております。

理由はまぁ、アイドルからチョコレートが貰えるというキャンペーンが今年も始まってるからなのですが、どうも今年は例年と違う「ある要素」がP達をざわつかせている様子。

 

…と、その話の前に、そもそも実はこのキャンペーン自体ずっと昔から開催されているのも関わらず、その形式だったり中身だったりは毎年微妙に異なっていたりするんです。

 

そこで今回は6年間に渡るモバマスのバレンタインキャンペーンの歴史を紐解きながら、改めて今年2018年のバレンタインはどうだったのかまで解説していこうという、そういう記事です。

 

 

目次

 

 

 

2012年

 

モバマスがサービス開始したのが2011年11月で、その翌年の2012年からバレンタインキャンペーンは既に始まっています。

残念ながら私はこの当時まだモバマスをプレイどころかその存在すら認知していなかったわけですが、Twitter上で当時の言及や記録を色々探ったところ、多数のP達が100人以上のアイドルに個別の専用セリフが用意されていることに驚いている様子でした。

 

ちなみに、バレンタインキャンペーン開始前にはこんな告知が出ていた模様。

 

f:id:tamamon_mt:20180211185704j:plain

 

期間が1日だけ、というのもさることながら、1度見逃してしまうと二度と見れないという丁寧すぎる警告文が今から見たら中々新鮮だったりします。

 

なお、この当時からモバマスのセリフwikiは既に存在しており、1人だけしかセリフが見れない仕様にも関わらず、wikiには続々と各アイドルのセリフが補完されていきTwitter上ではその結束力に驚く人々の姿を見ることができました。

 

 

 

2013年

 

2年目のバレンタインから私も参戦しております(スクショは探したけど残念ながら残ってなかったです)。

 

この年は14日~16日の3日間、日替わりで編成のリーダーアイドルからチョコレートが貰える仕様でした。

ただし日付更新後にマイスタジオを一度踏んでしまうと問答無用で演出が再生されてしまうため、担当以外から貰えてしまったり、うっかり3日間同じアイドルから貰ってしまった人も続出。

その為、マイスタジオを踏まないように編成画面に誘導するリンクを貼ったりされている方もいましたね。

 

なお、同時期にはバレンタイン専用のモバマスのCMが放送。CMではニュージェネの3人がボイスつきで登場し、バックでは当時CD未発売の「お願い!シンデレラ」が初公開されていました。

 

f:id:tamamon_mt:20180211191329p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211191349p:plain

↑CINDERELLA MASTERの第3弾と第4弾の丁度間あたりの放送

 

 

 

2014年

 

この年からバレンタインのちょっと前である10日からキャンペーンがスタート。

 

f:id:tamamon_mt:20180211185914p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211185928p:plain

 

マイスタジオにアクセスすると、差出人不明のメールが届くというちょっと怪しい演出が。その後ワンクッション置いて、キャンペーンページの演出を再生すると、実はその差出人がリーダーアイドルだと明らかになり、彼女からチョコレートを貰えるようになります。そう、上記の前年度の問題点が解決され、事前にリーダーアイドルが変更できるようになったんですね。

演出は10日、12日、14日と更新され、前年同様3人のアイドルから貰うことができました。

 

更に演出を「思い出す」機能も追加され、2回以上演出を確認することができるようにもなりました。ちなみにこの年のバレンタイン&ホワイトデーの演出に限って思い出エピソードの「特別」タブでいつでも見られたりします(当時のプレイヤーのみ)

 

また、バレンタインが終わった後の15日にはちひろさんからチョコレートが貰えるようにもなりました。が、実はそのコミュが佐藤利奈さん演じるちひろさんのボイスの初公開だったりします。TLがざわついていた記憶は今でも鮮明に残っていますね。

 

f:id:tamamon_mt:20180211190024p:plain

↑15日、上記のようなボタンがマイスタジオにいきなり現れて話題を呼んだ。

 

 

 

2015年

 

前年と同じく10日~14日までの3回、アイドルからチョコレートが貰えます。

 

f:id:tamamon_mt:20180211192418p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211191022p:plain

 

一見前年と変わらない形式…かと思いきや、2回目以降で同じアイドルから受け取ろうとすると、何と断られるという初の仕様になっていました。

この「お断り」のセリフの中には若干キツいセリフのアイドルもいて、その当時のことは一部Pの間では軽いトラウマになっていたりなども…。

 

f:id:tamamon_mt:20180211192452p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211190236p:plain

f:id:tamamon_mt:20180211190253p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211192513p:plain

 

なお、15日には同じくちひろさんからチョコが貰えました。この年からちひろさんのは他のアイドル達のものとは異なり、緑色風の専用アイコンとなっています。

 

 

 

2016年

 

この年も10日~14日の全3回の実施。前年とは違って同じアイドルからも受け取れるようにはなってました。

 

f:id:tamamon_mt:20180211190747p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211190727p:plain

 

そしてこの年の目玉はアイドルごとに個別のアイテム名称が設定されたことです。

 

これまでのバレンタインで貰える「バレンタインチョコレート」は贈り物の中にある間は受け取ったアイドル名が表示されているものの、一度受け取ると誰から受け取ったのか分からなくなるという問題がありました。そのため、私含めその辺が気になるPはアイテムの一括受取を行わず、注意深くアイテムの選択受取を行っていたりするのです。

 

しかしこの年は個別の名称が設定されたため、受け取ってもアイドルの名前が消えないばかりか、隠された説明文も出てきたりします。例えばこんな感じに。

 

f:id:tamamon_mt:20180211190841p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211190327p:plain

 

バレンタインのセリフとダブルで楽しめます。

 

ちなみに、この年はホワイトデーの方も凝っており、ただお返しをするだけではなく、2択2連問からアイドルの好みのお返しを選ぶという、中々面白いシステムとなっていました。

 

f:id:tamamon_mt:20180211191813p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211191831p:plain

↑1/4の確率でアイドルの好きなものを的中させるとセリフが変わる

 

 

 

2017年

 

この年もやはり10日からの開始だったのですが、一味違った仕組みに。

 

f:id:tamamon_mt:20180211192039p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211192104p:plain

 

何と事務所にチョコ置き場が設置され、アルバムに登録されているアイドル全員に会いに行くことが可能となり、違うアイドルに会う度にキャンペーンページのチョコ置き場に置かれているチョコレートの数が増えていく、という仕組みでした。

 

勿論例年通りのアイテムも貰えますが、そちらに関しては最初に出会った3人のみ。なおアイテム名は各アイドル共通のもの(チョコレートケーキ)に戻っていました。

 

 

 

2018年

 

そして今年2018年。今年は史上最速の9日からキャンペーンがスタート。

 

マイスタジオにアクセスすると急にアイドルが出てきてチョコレートが貰えます。チョコレートは2016年同様個別名称のアイテム。これが9日~11日まで日替わりで続くのです(全体の実施期間は14日まで)。

 

f:id:tamamon_mt:20180211192623p:plain  f:id:tamamon_mt:20180211192641p:plain

 

事前の告知無く急にアイドルが出てくる様は2013年あたりの初期を思い出させますが、問題はそのアイドル達の内容。

驚くことに、リーダーアイドルに設定していなくても、担当アイドルがやって来て、チョコレートを渡してくれたのです。ある場所のアンケートの結果、その的中率は副担当も含めると9割近くと判明し、戦慄するP達。

 

これについて、私は最初去年のキャンペーンの選択順なのではないかと考えていました。実際自分の3名に関してはその通りの3名だったのですが、Twitter上を見ていると「全くカードを持って無い、過去のキャンペーンも触ってないのに担当を当てられた」とか、逆に「カードも過去のキャンペーンも担当に一途なのに全然別のアイドルが出てきた」などの声もちらほら聞こえてきて、過去のキャンペーンや所持カードの情報のみではなく「総選挙投票歴」や「6thアニバアンケート」を参考にしているのではないかという意見が生まれ、果ては「フリトレ検索歴説」「ガチャページアクセス説」「Twitter連携で情報収集説」など様々な憶測・推論が飛び交う事態に。

 

また、完全に意図していないアイドルの出現に関しては「運営が潜在的な担当アイドルを導き出している」とか「アイドルの方が好意を持っているから渡してきたんだ」などこれもまた色々と面白い発言が続出。

このように、突然現れた不可思議なシステムのことを「ちひネイター」と称してP達が恐れおののいたのが、今年のモバマスバレンタイン騒動の全貌だったりします。

 

ちなみに、3名のアイドルからチョコレートを受け取ると、他のアイドルの演出も見られるようになり、最初の1人だけ同じようにチョコレートが貰えるようになります(つまり今年は合計4人から貰える)。運悪く3日とも担当を外してしまった人もこれで一安心(?)

 

 

 

以上、歴代のモバマスのバレンタインキャンペーンを振り返ってみました。

 

こうして見ると毎年微妙に改良されていっているのは良いことなんですが、それ以上に今年になって登場した謎システムが気になりすぎますね……。

運営が総選挙以外にも日頃から様々なデータを取っているのは何となく察することはできますが、その担当アイドルの情報が各アカウントに紐ついているのは喜ばしいというより(ガチャ的に)恐ろしいことな気が……。ホントリーダーや肩書以外でどういうデータを参照してるんだ…。

 

 

おそらく、来年2019年のバレンタインキャンペーンもまた違った何かを出してくることでしょう。その時が楽しみです。

 

なお、今年2018年のキャンペーンは上述の通り14日まで実施されているので、気になった方は急いでモバマスにアクセスしましょうね!貴方の担当も当てられているかも…?

 

 

 

関連記事

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました

読者登録はこちらから↓