たまもんもん日和。

アイマスとか色々とかの記録を綴るブログ

【デレマス】アイドルのカバー曲を考えよう【#勝手にJewelries会議】

NEWS:祝・デレステ3周年! 3周年記念ライブ“SS3A”感想記事はこちら

f:id:tamamon_mt:20180805213527j:plain

 

突然ですが、アイマスアイドルにあのアーティストのあの曲をカバーしてもらいたい、と考えたことはありませんか?

 

実際アイマスアイドルによる古今東西あらゆる名曲のカバーは公式でも行われており、765ASはこれまでのCDなどでたくさんカバーしている他、シンデレラガールズでも「CINDERELLA MASTER jewelries!」というシリーズでアイドル達のカバー楽曲を聞くことができます。更に各種ラジオでは「歌姫楽園」という、出演者による軽いカバー楽曲が披露されるコーナーがあったりなど。

 

……しかし、これらのカバーが聞けるのは現状ボイスつきの、一部の限られたアイドルなんですよね。シンデレラガールズには更に100人以上のアイドルがいるわけで、そういう他のアイドル達にも様々なふさわしい曲の可能性が考えられるわけです。

 

そんな、Jewelries未経験のアイドル達にふさわしい楽曲を考えよう、という企画「勝手にJewelries会議」が、ニコニコ生放送のユーザー放送で今年春から始まっています。パーソナリティは江上椿Pのネルソン(ネルソソ)さん。

 

 

毎週日曜日の22時から放送されているこの番組では、週ごとにテーマとなるアイドルが発表され、そのアイドルに歌ってほしい楽曲を事前に視聴者から投稿フォームにて募集し、それをコメントつきで流しています。

基本的に投稿された楽曲は全て投稿順で流されてまして、その数多い時で30曲以上(!)……つまりそれだけの一人のアイドルに対する、たくさんの人が考えたカバー楽曲の可能性を知ることができるんです。

そして楽曲内容に関してもjewelries曲という観点に留まらず、他アニメ作品の楽曲やゲーム音楽アイマス内の曲など多種多様なジャンルから投稿されています(ただしシンデレラガールズの楽曲を除く)。

 

私TAMAMONもこの番組を初回からずっと欠かさず聴いており、その週ごとに特定のアイドルに対する担当Pやそれ以外のP達の様々な想いを肌で感じ取ってきました。

また最近は結構な頻度で投稿していたりもして、ある程度投稿数も貯まってきたため、この度「勝手に」過去の自分の投稿楽曲、および当時の投稿文を再掲してみようと思います(一部実際には未投稿の曲も含みます)。

 

番組を普段聞いていらっしゃる方も、そうでない方も、様々なアイドルのカバー曲への想いを巡らせながら読んで下されば幸いです。

 

 

目次

 

 

第1回(18/03/31放送、アイドル:並木芽衣)

 

NOTE / 早見沙織 (2016年)

 

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

記念すべき初回放送。…とはいってもこの頃は放送自体は知っていても、曲が思い浮かばず、未投稿の回が多かったのです。よって今回、放送から半年以上経って改めて未投稿のアイドルの曲を選ばせて頂きました。

まず並木芽衣子さんには、我らが早見沙織さんの楽曲を。和歌山アイドル繋がりも意識しつつ、この曲自体が1stアルバムの1曲目ということで、歌詞も曲調も非常に新しい始まり感に溢れている一曲なんですよね。『Hello.窓を開けて』のフレーズに[秋色のお出かけ]特訓前を感じたり、他にも歌詞全体に芽衣子さんの旅への心得を感じたりなど、非常に歌ってほしいなぁと思ったのです。

 

 

第2回(18/04/07放送、アイドル:佐城雪美)

 

ムーンライト伝説 / DALI (1992年)

 

ムーンライト伝説

ムーンライト伝説

  • provided courtesy of iTunes

 

未投稿2曲目。2回目にして雪美ちゃんは難しすぎない…?と当時は思ったものですが、いざ放送の方を聴かせて頂くと、色々発想は浮かぶものだなぁと感じたり。

そんな中、黒猫(ペロ)繋がりの曲が何曲か見られたことから、自分もその方向で歌詞ガン無視で選んでみました。ご存知TVアニメ「美少女戦士セーラームーン」オープニングテーマ。イメージ的には学芸会で歌っているイメージです。こういう選曲法もある。

 

 

第3回(18/04/15放送、アイドル:藤忍)

 

GLORIA / YUI (2010年)

 

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

未投稿3曲目。…とはいえ本当はこの回で初投稿を飾る予定だったのですが、手元にフル音源が見当たらず断念したのでした。

選曲理由としては、まず「上京感」を推してるアーティストの一人としてYUIが思い浮かぶところが個人的にありまして、その中でこの曲を選んだ理由としては、やっぱりサビの『ユメじゃないやいやいやいやい』を叫ぶ工藤忍の姿が見てみたいんですよね。他の歌詞もそう、やっぱ忍の見せるちょっと泥臭い面が本当に愛おしい。

この回、珍しくゲストとして忍Pの方もいらっしゃってて、そういう意味でも何とか流しておけば良かったなと今でも後悔してます。

 

第4回(18/04/22放送、アイドル:松山久美子)

 

ひかり / 星村麻衣 (2008年)

 

ひかり

ひかり

  • 星村 麻衣
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

久美子さんということで、ピアノのイントロから始まるこちらの曲を選曲させて頂きました。YouTubeではご本人による弾き語りの映像がアップされていますが、あんな感じで久美子さんにも歌ってほしいなと。

またこの曲は「Tomorrow~陽はまたのぼる~」というドラマの主題歌で、同じフレーズが歌詞にも使われていますが、そのイメージが[南国の舞姫]特訓後のイラストだったり、あるいは「サンセットノスタルジー」にも繋がるのではないかと思っています。

 

ここでようやく本当に初投稿です。上にあるのが実際の投稿文。過去3回の視聴で大体の雰囲気が掴めたところに個人的に好きなアイドルでもある松山久美子が来て、ようやく送る決心がつきました。

この曲は元々好きな楽曲でもあり、特にピアノのイントロ部分が印象的だったため、それに似合うアイドルと来ればやっぱり久美子しかなかろうと、深く考えず投稿。それでも何かもう一声欲しいなと迷っていたところ、サンセットノスタルジーの要素に気づいてそのことを追記しましたね。

 

 

第5回(18/04/29放送、アイドル:松原早耶)

 

ナイショの話 / ClariS (2012年)

 

ナイショの話

ナイショの話

  • provided courtesy of iTunes

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

未投稿4曲目。TVアニメ「偽物語」エンディングテーマ。

丁度総選挙時期のアイドル紹介で、我が担当アイドル・島村卯月の長電話相手の一人として早耶ちゃんの名前が挙げられていました。だったらこの曲がいいかな~~?と思って改めて歌詞を見返したところ、別に電話の歌ではなかったのでそれまで考えていた投稿文が一気に霧散してしまいました。はわわ。

…とはいえ今になって思い返すと、曲調も歌詞も可愛らしくて普通に早耶ちゃんに歌ってほしいな~と感じられます、別にこれで良かった。

 

 

第6回(18/05/06放送、アイドル:松永涼)

 

Wildflower / Superfly (2010年)

 

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

未投稿5曲目。TVドラマ「GOLD」主題歌。2回前の久美子回で3曲も紹介されたSuperflyさんです。

当時はあまりにロックという幅が広すぎて、音楽知識に疎い自分はパッと選曲が思いつかなかったものですが、放送後しばらく経ってふとこの曲を聴いているうち、これ涼ちゃんにいいかもなぁと感じた次第です。

シンデレラに色々いるロックアイドルの中でもとりわけ過去に一波乱ありそうな彼女だからこそ、そんな背景も全部抱えて力強く歌ってほしいなと感じます。

 

 

第7回(18/05/13放送、アイドル:池袋晶葉)

 

コンピューターシティ / Perfume (2006年)

 

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

未投稿6曲目。これも当時投稿する直前まで行っていたはずなのですが、気づけば寝落ちして締切時刻過ぎていました、はい。

Perfume、自分の青春時代に一大人気を誇ったアーティストの一つだとは思うのですが(今もですけど)、あの中田ヤスタカサウンドが似合うアイドルとして、晶葉みたいな子が挙げられるのかなと思います。この曲自体もロボット制作が趣味の晶葉にピッタリだと思いつつも、実は歌詞はコンピューター側からの視点という面もあったり。

あとこれやや外れるかもしれないんですけど、ライラさんとの「ロボフレンズ」の2人でコンピューターシティを走り抜けるPVを想像したら凄く捗るんですよね。「少女終末旅行」的な感じで。

 

 

第8回(18/05/20放送、アイドル:北川真尋)

 

BUTTERFLY EFFECTOR / TRUE (2017年)

 

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

陸上部の副部長でありつつ、アイドル道も走り続ける少女、北川真尋。そんな彼女の姿に、ふとこの曲のサビの部分を思い出し、MVを見返してみるとぴったりだったので投稿させて頂きます。

 

自分がアイドルっぽいかは分からないと言いつつも、それでも一度決めた道だから、全力で走り抜けるとプロデューサーに語った真尋。

きっと彼女には、アイドルとしてのゴールは、まだはっきりとは見えていないのでしょう。それでもその見えないゴールを目指して彼女は走り続けます。走り続けると決めたから。そして何より、走ることが好きだから。

 

『走れ、走れ、もっと早く。変われ、変われ、もっと強く』そんな想いを込めて。

 

TVアニメ「ひなろじ ~from Luck & Logic~」のオープニングテーマで、ミリオンにもたくさん楽曲提供されているTRUE(唐沢美帆)さんの楽曲です。

投稿文にある通り真尋の曲を試しに考えていたら、この曲のサビの『走れ 走れ ハダシで走れ』の部分が思い浮かび、歌詞やMVを改めて見て行けるじゃん、と投稿した次第。投稿文はちょっと想いを込めて書いたつもりだったんですが、今改めて見返すと逆に気合が入り過ぎてるような。

そしてこの曲はありがたいことに、ネルソンさんが毎週番組の最後に個人的に好みな曲を一曲だけ選ぶ「勝手にJewelries選出曲」に選ばれたりもしました。

 

 

第9回(18/05/27放送、アイドル:東郷あい)

 

愛があるかい? / 東京スカパラダイスオーケストラ (1998年)

 

 

未投稿7曲目。未投稿アイドルの曲を改めて考えるにあたり、これが一番最後まで悩みました。結果、本放送でも『美しく燃える森』が流れたスカパラが割と雰囲気合ってるなぁと乗っかってみた感じです。また、タイトルに「愛」を含む曲も本放送で3曲流れたりもしたわけですが、まぁ便利なフレーズですよね。

この曲、あいさんが歌うにはややポップすぎる感もありますが、jewelriesだし多少自由でもいいのかなと。それに結局『君のまわりの世界には愛があるかい?』と歌うあいさんの姿にきっと誰もが魅了される。

 

 

第10回(18/06/03放送、アイドル:西園寺琴歌)

 

Too Much To Love / やのあんな (2013年)

 

Too Much To Love

Too Much To Love

  • やのあんな
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain 

 

未投稿8曲目。これも本放送当時は全く思い浮かばず、しばらく経った後に再度選んでます。

歌うのはモデル出身でありつつ、歌手業もこなす、やのあんなさん。ソロ名義のCDはTVアニメ「ステラ女学院高等科C3部」のオープニングテーマ『Shape My Story』のみですが、そのカップリング曲がこの曲です。

元は琴歌さんが設立しているという「可愛らしいもの愛好会」のテーマソングのつもりで何かいい曲が無いかなと探しているうちに見つけたのですが、琴歌さんの日々新しい出来事への出会いにときめく一面においても、ぴったりハマるものを感じ選ばせてもらいました。

 

 

第11回(18/06/10放送、アイドル:篠原礼)

 

謎 / 小松未歩 (1997年)

 

謎

  • provided courtesy of iTunes

 

未投稿9曲目。TVアニメ「名探偵コナン」第3代オープニングテーマ。

礼さんの特技「なぞなぞ」と、ダンス講師として「踊る」というフレーズも盛り込んだ曲はこれしかない!と思いついた時は跳ね上がったのですが、いざ投稿する段階になると気後れしてしまいました。

でも今見返してみると、他の曲同様とりあえず送ってみれば良かったんじゃないかと思ってみたり。「とりあえず送ってみる」、ホント大事。

 

 

第12回(18/06/17放送、アイドル:冴島清美)

 

学校行けやあ゛ / 新しい学校のリーダーズ (2016年)

 

 

腕章が印象的な「超☆風紀委員」冴島清美に、同じく腕章をつけた制服姿のダンスボーカルユニットである彼女達を共演させてみたら面白いんじゃないかと、そういう発想に至りました。

…よくよく見ると風紀とは真逆の路線を行っていそうなこのユニットですけども、あの事務所で何だかんだ上手くやれてる清美のことですし、きっと彼女達とも息の合ったステージを見せてくれるのではないでしょうか。

 

ここからしばらくは投稿記録が続いています。冴島清美、好きなアイドルなので当然投稿したかったのですが、中々すぐには思い浮かばなくて。そんな中、以前ニコニコ超会議のライブステージを見ていた時に知ったこのグループの存在を思い出しまして、そのグループの曲から何かいい曲ないかな~と探してたらこの曲を見つけ出しました。

投稿文にある通り、歌ってほしいというより「共演してほしい」というイメージが強く、曲を聞いただけでは伝わらない、完全に投稿文ありきのカバー選曲です。でもそれくらい「新しい学校のリーダーズ」というユニットが異様でキャラが立ってて面白い。検索して公式HPや動画を観て頂ければ、それが伝わるのではないかと思います。

 

 

第13回(18/06/24放送、アイドル:梅木音葉)

 

FLOWER GARDEN / 山辺燈(CV:豊崎愛生) (2010年)

 

FLOWER GARDEN

FLOWER GARDEN

  • provided courtesy of iTunes

 

梅木音葉さんといえば、絶対音感を持つ、自他共に認める歌に優れたアイドルです。

その一方で、家事が苦手だと発言したり、ケーキの切り分けに苦戦するなど、歌以外ではちょっぴり不器用だという一面もありますよね。

今回はそんな音葉さんの可愛らしい側面に着目しつつ、[春風の使者]で手作りのサンドウィッチを振舞う姿から、この曲を選んでみました。

 

ここに来て他作品のキャラソン初使用。TVアニメ「聖痕のクェイサー」から。作品も楽曲も既に知ってはいました。

音葉さんということでガチな曲がたくさん来ることは分かっていて(実際にその通りになったわけですけど)、その方向で探していたらキリが無いなと思い、あえて逆の可愛い路線を狙ってみることに。

この曲に行きついたキーワードとなったのは「サンドイッチ」ですよね。そして改めて全体の歌詞と音葉さんを照らし合わせてみたところ、若干厳しいけど行けなくもないか…?と思い投稿してみました。

終盤の天使の感じが[いとしき福音]特訓後っぽかったり、あとそもそも中の人の豊崎愛生さんも高身長でどこか音葉さんっぽいね……とか。

 

 

第14回(18/07/01放送、アイドル:龍崎薫)

 

ハレ☆ソラ / まいめろでぃーず (2006年)

 

薫ちゃんの大好きな「お絵かき」、薫ちゃんの得意料理の「おにぎり」、そして薫ちゃんを象徴する「ひまわり」。

それらの要素が全て詰まった、おひさまみたいに明るい曲を探しているんだけど、薫ちゃん、何か知らないかな~?

 

『ありまー!』

 

TVアニメ「おねがいマイメロディ ~くるくるシャッフル!~」エンディングテーマ。

最初ひまわりで中々いい曲が見つからなかったため、次に[元気のみなもと]特訓前や空想公演でおなじみの「お絵かき」で探したところ、これが見つかりました。しかもおにぎりもひまわりも入ってて、ヤバいめっちゃピッタリじゃ~んと思い今回も無事選曲完了。最早ピッタリすぎてこれ以上言葉を重ねるのも野暮だよね、とこのような投稿文になりました。

 

 

第15回(18/07/08放送、アイドル:有浦柑奈)

 

うたの歌 / 池田綾子 (2011年)

 

うたの歌~TV Version~

うたの歌~TV Version~

  • provided courtesy of iTunes

 

ラルララルラ フワリフワリ

ヒュルリヒュルリ ニコリニコリ

ラルラ フワリ ヒュルリ ニコリ―――

『ラブ&ピース』を感じ取ってみてください、ラルラリラ。

 

元々は別のアイドルの曲を探していた時に知った曲なのですが、これを送るなら有浦柑奈だろうと思い温存していました(思ったより早くきた)。

NHKの「みんなのうた」用に作られた楽曲なのですが、何に驚いたって、実はこの回で池田綾子さんが過去2008年に「みんなのうた」で手がけた『数え唄』の方もリクエストされていたことです(しかも2名に)。『数え唄』は如月千早がMA3でカバーしていた楽曲でもあるらしいのですが、それにしたってこんなことがあるんだな…とかなり自分の中でざわつきました。

これはひょっとしたら、池田綾子さんが未来の有浦柑奈の姿なのかもしれない……?

 

 

第16回(18/07/15放送、アイドル:藤居朋)

 

なんかいいこと / 藤井フミヤ (2012年)

 

なんかいいこと

なんかいいこと

  • 藤井 フミヤ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

明るくフレンドリーなイメージのあるふじともですが、アイドルになりたての頃のセリフやエピソードを見てみると、占いを気にしすぎてネガティブになりがちな場面も多かったんですよね。

アイドルになる前はどちらかというと「悪い出来事」を数えがちだったけれど、お仕事を積み重ねるうちに、次第に「良い出来事」の方を数えるようになった。そして今度は、見ている皆のことも幸せにしたい。

…そう語る彼女にこそ、歌ってほしい一曲です。

 

実は最初は放送内でも別の方によって投稿されていた「Dr.リンにきいてみて!」の『GO! GO! Ready? GO?!』で行く予定だったんです。でも流石に被りそうだし他の曲は無いかな…と改めてコミュを見返し、そこから「きっといいことあるさ」的な曲を歌わせたいと思い探したところこの曲に行き着き、投稿直前に変えた経緯がありました。

名字が「ふじい」繋がりだったのは曲を選んだ後に気づいたので偶然です(自分の投稿前にも藤井隆さんの曲が選ばれていて笑いましたが)。ちなみに藤井フミヤさんはこの放送の3日後にベストアルバムを発売しており、この楽曲は元はカップリング曲でありながらファン投票の第3位に選ばれていて、ちょっと嬉しかったり。

 

 

第17回(18/07/22放送、アイドル:奥山沙織)

 

Gift ~あなたはマドンナ~ / 土岐麻子 (2011年)

 

Gift 〜あなたはマドンナ〜

Gift 〜あなたはマドンナ〜

  • provided courtesy of iTunes

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

昔からピュアリーツインの2人が出演する化粧品のCMが見てみたいな~という想いがあり、今回は現実のCMで使われた楽曲の中から選んでみました。

「ありのまま」や「原石」といったフレーズに奥山さんらしさを感じるのは勿論のこと、歌詞中の「あなた」に女性プロデューサーの姿を当てはめてみると、色々な想像が膨らみますね。

 

最初に投稿文の通り化粧品のCM楽曲を、と思い探し、結果当初イメージしていた路線とはちょっと異なりはしたものの、ドラマ性のある曲が見つかったと思っています。

放送内では「あなた」の対象について色々想像が巡らされていました。自分は40代くらいの女性プロデューサーを設定していましたが、先輩アイドルという視点も確かにありますよね。…一応元の楽曲はお互いに30代や40代くらいのイメージなんだと思いますが、歌い手が変わることで歌詞の解釈も変わってくる、という面白さを実感しました。

 

 

第18回(18/07/29放送、アイドル:愛野渚)

 

ICHIGAN / 越前リョーマ(CV:皆川純子) (2004年)

 

ICHIGAN

ICHIGAN

  • provided courtesy of iTunes

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

今回の選曲は、渚ちゃんがトップアイドルに登りつめる、その一歩手前をイメージしています。

彼女はそこまでの道のりの中で、たくさんのチームメイトと出会ってきました。

共に励んだバスケ部員達、競い合ったアイドル仲間達、周りのスタッフや応援してくれるファンの人達、そしてずっと支えてくれたプロデューサー。

その一人一人の姿、一つ一つの出来事を思い返しながら、口ずさんでほしいのです。

 

実は昔から「テニスの王子様」という作品を追っかけているところもあって、キャラソンも割と網羅していて。自分がアイドルマスターというコンテンツにすんなり順応していったのもこの作品の影響が少なからずあったと思っています。…当然この企画への投稿も狙っていたわけですが、「アイドルに歌わせる曲」という観点となると中々ピッタリとはまる曲とアイドルが見つからず…。けれども「部活動」が一つのルーツとなる愛野渚なら、行けるのではないかと探してみた次第です。

結果見つかったのがバラードで、あの熱いセトリの中ではちょっと浮いていて放送内ではドキドキしたものですが、幅を広げることには繋がったのではないでしょうか。熱いアイドルがバラードを歌う素晴らしさを我々は大和亜季などで知っていますし、渚ちゃんの声が皆川さんのようなハスキーボイスだったらきっとこんな感じになるはず。

 

 

第19回(18/08/05放送、アイドル:長富蓮実)

 

夏色のナンシー / 早見優 (1983年)

 

夏色のナンシー

夏色のナンシー

  • provided courtesy of iTunes

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

色々悩みましたが、カードでは[素肌のチアー]などのセリフで引用されている、こちらの曲を選ばせて頂きました。

…というのも、調べている中で、歌番組にてSKE48HKT48といった現代のアイドルが、この曲の歌手である早見優さん御本人と並んで歌っている映像を拝見し、それを見た瞬間、もしこの一緒に歌うアイドル達の中に蓮実ちゃんを入れ込んでみたらどういう反応をするのかな、という気持ちが湧き出てきたからです。

また、2016年には本人歌唱による替え歌のCMが放映されており、元は80年代の曲でありながらも、今もなお生き続けている曲の一つとして、蓮実ちゃんにぜひ歌ってほしいなと考えました。

 

とうとう来てしまった感が強かったというか……正直80年代の曲やアイドル、空気に関する知識がほぼほぼ皆無な中で、いかに自分を納得させる選曲ができるかの勝負でした(…何も思いつかなかったら『赤いスイートピー』あたりを投げていたのでしょうけど)。調べていく中で、一応選曲理由を立てれたのは本当に良かったです……ここ数回ですっかり板についたIfの理由付けですが。ちなみに文中の替え歌のCMに関しては「夏色のニャンシー」で検索だ。

そして「果たして何人があの世代を外してくるのか?」は放送前から気になっていたポイントでしたが、結果的に半々くらいになりましたね。80年代リスペクトの現代曲というのも一つ考えていたところでした。

その中で昭和側の松田聖子曲は24曲中6曲。強い。…けれども被りは一切無し。凄い。

 

 

第20回(18/08/12放送、アイドル:綾瀬穂乃香)

 

Felicies / 土屋太鳳 (2017年)

 

f:id:tamamon_mt:20190114231733j:plain

 

自分の表現力に限界を感じ、一人悩んでいたバレエ少女・綾瀬穂乃香。

彼女の世界は、プロデューサーとの出会いによって大きく変わることになります。

 

アイドルという新しい舞台で、伸びやかに羽根を広げて舞い踊る―――現在の彼女の姿には、かつてのような硬い面影はありません。

けれど彼女のその羽根は、プロデューサーが与えたというよりも、元々彼女が心の底に持っていたものを、そっと取り出してみせただけなのです。

日常の様々な物事を丁寧に愛しむ彼女だからこそ出来る、「表現を楽しむこと」。

 

今日も未来へ向けて踊り続ける穂乃香に、この曲を届けます。

 

突然来てしまった担当回。元々穂乃香に歌ってほしい曲のイメージとして「踊る」や「回る」といったフレーズが含まれていること、そして17歳の等身大で前向きな歌……といった感じを考えていたのですが、中々見つからない。諦めてバレエに関する歌から何か無いか探していたところ、急にこの曲に行きあたりました。

バレリーナを夢見る少女を描いたフランス製作の3Dアニメ映画「Ballerina」。日本でも丁度1年前の2017年8月に「フェリシーと夢のトウシューズ」というタイトルで公開となり、ヒロイン・フェリシー役の声優を務め、日本版主題歌も担当したのがあの女優・土屋太鳳さんでした。しかも歌詞も彼女が手掛けたのだとか。

そしてこの曲調が、この歌詞が、まさに上で求めていた穂乃香のカバー曲としてのイメージぴったりで、瞬時にこれだと思って投稿を決めましたね。皆さんも是非、歌詞と合わせて一度聞いてみてください。

ちなみにこの回もネルソンさんの選出を頂き、ハッシュタグで他の穂乃香Pからもお褒めの言葉を頂きました。有難い限りです。…いや何より土屋太鳳さんにありがとう。

 

 

 

…いかがでしたでしょうか?皆さんも各アイドルのカバー曲への想いが膨らみましたでしょうか?

 

ちなみにもっと他の人の選曲も見たいぜって方は下記のネルソンさんによる公式アーカイブをご覧ください。初回から最新回までの過去の投稿曲が全て記載されてあります。

 

また、これ以降の自分の投稿についても以下のページにて続きを掲載しております。

 

皆さんもいいカバー曲を思いつきましたら、是非気軽に投稿して一緒に番組を盛り上げましょう!

 

 

関連記事

アイマス内の曲限定でライブのセトリを組むという個人の記事シリーズです。こちらもよろしくければご覧下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございました

読者登録はこちらから↓