たまもんもん日和。

アイマスとか色々とかの記録を綴るブログ

【アイマス他】綾瀬穂乃香SSRありがとうございます!!(誕生日)

NEWS:第8回シンデレラガール総選挙閉幕!振り返り記事はこちら

先日5月21日、デレステにて遂に!!綾瀬穂乃香初のSSR[歓びのアティチュード]が実装されました!!

 

f:id:tamamon_mt:20190529011256j:plain

f:id:tamamon_mt:20190529011316j:plain

 

うわぁぁ……本当に綾瀬穂乃香のSSRだ……。やっと来た担当4人目のSSRだ……。

 

f:id:tamamon_mt:20190529011354j:plain

 

うわぁ……恒常ガシャで天井だ……。

 

…いや綾瀬穂乃香、昨年9月に[耀きのピルエット]というSRがモバマスで実装されておりまして、それがアイドルになってからしばらく封印していたバレエ要素を特訓前後ともに前面に押し出し、誰でも名前くらいは知ってる「白鳥の湖」をアイドルのステージで踊るという、それはまぁこれまでの集大成のようなSRだったのです。

 

f:id:tamamon_mt:20190529011455j:plain  f:id:tamamon_mt:20190529011511j:plain

 

そんなこともあって、SSRに対するハードルは上がりまくっていたわけですが、実際にお出しされると、いい意味でこれまた素敵な綾瀬穂乃香の到達点を見せてくれたと感じています。

 

特訓前は[耀きのピルエット]同様レッスン室での一幕ですが、鏡越しのポーズ姿で趣の異なる感じ。鏡越し演出、大好き。この1枚だけで綾瀬穂乃香というアイドルがどんな人間なのか何となく伝わります。

…そして!よくよく見ると鏡に映った椅子の上に、“ヤツ”がいます。

 

f:id:tamamon_mt:20190529011821j:plain

 

これも紛れもなく綾瀬穂乃香の大事な一部。ありがとう…。

 

反対に特訓後は[耀きのピルエット]とは異なり、MV撮影の一シーンの様子。夜空が透けた天井の下で初期Rの進化型衣装でバレエを踊る綾瀬穂乃香の姿、そしてその表情は普段の彼女と同じ、穏やかな微笑み…。ほんと美しくて可愛らしい。

 

……と絵柄2枚だけでも色々注目すべき点のあるSSR[歓びのアティチュード]綾瀬穂乃香ですが、特訓コミュ、そしてポスターの説明文もまた素晴らしいのです。…あぁ、これは是非ご自分の目で確かめてほしいのですが、あの素敵な対比ができるのは、「シンデレラガールズ」と「バレエアイドル」という取り合わせならではなのですよね。そう考えると単純な見た目や物語性以上に美しいアイドルです綾瀬穂乃香、ますます好きになる。

 

 

f:id:tamamon_mt:20190529013322p:plain  f:id:tamamon_mt:20190529013336p:plain

f:id:tamamon_mt:20190529013354p:plain

 

そんなわけで本日5月29日は綾瀬穂乃香ちゃんの誕生日でもあるのでここで祝っておきましょう、おめでとう!

上記の通りフェス上位SRの[耀きのピルエット]、デレステ恒常SSRの[歓びのアティチュード]という過去7年の中でも一番充実していた綾瀬穂乃香界隈。

他にもエイプリルフールをはじめ、フリルドスクエア繋がりでもいくつか動きが見られました。銀のぴにゃこら太の流れは本当に泣いた。

ひとまず集大成を見せたバレエアイドル・綾瀬穂乃香ですが、まだまだこの先の物語も充実させていきたいので、何卒よろしくお願いします…!

 

 

…さて、最近当ブログを読み始めた人で知らない人もいるかもしれないので説明しますと、自分のメインの担当アイドルは5人いて、綾瀬穂乃香ちゃんの他に島村卯月ちゃん中野有香ちゃん水本ゆかりちゃん岡崎泰葉ちゃんといるわけでして。

このことを最初に説明すると「どうしてこの5人なの?」とか「バラバラじゃない?」とか聞かれるわけですけども、そう聞かれても190人の中で特に好きになったのがこの5人なんだから仕方がないじゃない…としか言えないわけでして。

ただまぁ何かしらこの5人に分かりやすい繋がりというか、この5人がユニットを組んでデレステイベントでもやったら早いよねという思う節はあれどそんなことはまず無いので、せめて5人の間に繋がりを見出そうとここ数年は奮闘しているわけです。その結果、有香とゆかりはご存知メロウ・イエロー(イエローリリー)、泰葉と穂乃香・卯月とゆかりは過去の総選挙のアイドル紹介、卯月と有香はデレぽ、泰葉と有香は蒸機公演……とだいぶ繋がりリストが埋まってきました。

けどまぁまだまだ繋がりの見えない担当同士の組み合わせはあって、特にメイン担当の2トップである島村卯月と岡崎泰葉はコミカライズで微妙にやり取りしたものの、公式のゲーム内では特に絡んでないんです。絡んでないんです。なのでまぁ次のイベントあたりで急に共演しないかなとずっと待ち構えているわけですが…。

 

f:id:tamamon_mt:20190529011936j:plain

 

あら何これ可愛い。さてはしゅがは姉さんとかの入れ知恵か?

 

f:id:tamamon_mt:20190529012007j:plain

 

……ん、あ、え?あぁこの面子で喋っていた時の思いつきだったと。

なるほど……。

 

 

……いや、え??

これもしかして島村卯月さん岡崎泰葉さんが同じ空間にいたと??え、そういうことですか??

 

総選挙も終盤、唐突にやって来た謎の「この顔デー」ブームに一部界隈が沸きました。総選挙への影響は特にありませんでした。ただただ動揺した。

…いやいいのか?これを担当の初絡みとみなしていいのか?

ドキドキしつつしばらく見守っていたのですが、結局動きとしてはこの2週間後に松尾千鶴の『この顔にしてから、直し方が本当にわからなくなってしまったのですが…べつに、平気ですよね☆』という投稿に対し、以下のような返信が来たくらいでした。

 

f:id:tamamon_mt:20190529012104j:plain

 

仲良しか!

 

 

ところでミリオンライブで好きなアイドルはエミリー スチュアートちゃん矢吹可奈ちゃん北沢志保ちゃんといった具合なんですけど、このうち前半2人が出演する6thライブツアー「UNI-ON@IR!!!!」神戸Princess公演が5月18日・19日に行われました。私は1日目のLVにのみ参加です。

 

https://idolmaster.jp/event/million6th/information.php

 

開幕いきなり「STAR ELEMENTS」が登場、全然想像してなかったドラマを繰り広げました。こわい。CDは本日発売ですね、これを打ってる段階ではまだ聞けてはいないのですが、あの続きがどうなっているのか本当に楽しみ。

次に出てきた「CharlotteCharlotte」、あのジャケットをそっくりそのまま再現した衣装はめっちゃ可愛いの一言。ASのカバー曲も2曲披露された他、『ミラージュ・ミラー』でのセリフ部分は本当にお見事でした。

トゥインクルリズム」、5th以来2回目でしたが、衣装のおかげで見栄えが全然違う。まさかの熱い『Fate of the World』カバーに加え、大爆笑の『Tomorrow Program』の演出。あれカンペだの脚注だの散々小ネタを挟んで笑わせまくって、最後に「キミだよ/プロデューサー」で巧いこと締めるんだからホント卑怯。

閃光☆HANABI」、和太鼓奏者の「梵天」さんとの全編コラボレーション。一足早い夏祭り。Angel公演同様ラストの曲の途中から出演者全員が出てくるわけですが、その様子はまさに紅白歌合戦

 

…と、今回も非常に楽しかったです。ラストはFairy、上がりまくったハードルを軽々と越えてくれそう。

 

 

ちなみにSideMではAltessimoを、シャイニーカラーズでは櫻木真乃とか黛冬優子あたりが好きかな~~って感じなのが私TAMAMONです、よろしくお願いします。

 

そんなこんなで令和最初のアイマス振り返り記事は謎の自己紹介が混ざってしまいましたが、色んな記事で迷い込んでしまった方に向けてたまにはアピールしていきたい所存。

 

 

おまけ

 

今月の映画コーナー。名探偵ピカチュウについては別で書きました。2回見ても楽しかった。

 

そして今回紹介するのはこちら!

 

f:id:tamamon_mt:20190529012727j:plain

 

5月24日公開の「プロメア」。

天元突破グレンラガン」「キルラキル」などでおなじみの、監督・今石洋之×脚本・中島かずき×製作会社・TRIGGER(グレンラガンガイナックス時代)による完全新作のオリジナル長編映画

実は私、直前まですっかり存在を忘れており、公開直後にTLで行っている方を何名かお見かけしてそこそこ感触が良さそうだったので行ってみた、という形です。そもそもトリガー作品自体自分の大好物かと聞かれるとぶっちゃけそこまででもなく、まぁ普通というか、むしろ「リトルウィッチアカデミア」方面の方が好きだよねという感じでした。

なので、今回の作品に関しても話というか映像やアクションを見に行く…という意識で向かったわけですが……その話が普通に面白かった。物語の最初の構図は炎を操る種族「バーニッシュ」と火消し屋の主人公達「バーニングレスキュー」の対峙。そこから話が二転三転していくわけですけど、そのあたりも特に無茶苦茶にならない範囲で、それでいて全力で弾けていく。世界観の構築が地に足がついた形でしっかりしているのでしょう。全体の評価では今までのTRIGGER作品で一番高いかもしれない、いや本当に。

 

メインの3役は声優ではなく俳優の方が務めているのですが、それも作品の中に違和感なく溶け込んでいるのが評価のポイント。松山ケンイチ演じる主人公ガロ・ティモス、今では珍しい熱血型主人公が自然と出せるのもTRIGGER作品の強み。そして対する早乙女太一演じるリオ・フォーティア。毎シーン見惚れていたくらいに可愛い、けれど男としての強みもあるそんな男の子。この2人があーしてあーやってあーなるのはもう大好物ですわ…。

 

そして堺雅人!「リーガル・ハイ」や「半沢直樹」の堺雅人

演じるクレイ・フォーサイトは本人のイメージとは全く異なる巨漢の男。唯一近そうなのが温和な笑みくらい。しかしこのクレイが後半とある部分ではっちゃけることとなり、前半と後半の「静」と「動」の差が、まさに堺雅人だからこそ演じられる深みの演技になってるんです。特に「動」の堺雅人は近年だと中々見る機会が無いのではないのでしょうか。プロメアの堺雅人にビビったらまず上記2作品を見てほしい。

あと今回のオファーを繋げたとされる2009年の劇団☆新感線の「蛮幽鬼」、ちらっと見たら堺雅人の役柄が動全開の堺雅人だったので今めっちゃ気になっています。

 

(そういえば半沢直樹は続編が正式に決定とのことですね、おめでとうございます。この勢いでリーガル・ハイの方も……と考えていたら草の者が文字通り草の者になってて途方に暮れています。どうしてくれるんだ…)

 

そんなわけで映画「プロメア」、よろしくお願いします!女の子も可愛いぞ!

 

 

関連記事

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました

読者登録はこちらから↓