たまもんもん日和。

アイマスとか色々とかの記録を綴るブログ

【アイマス他】年度末シンフォニー~新SSR水本ゆかりが来たよの章~

NEWS:祝・デレステ3周年! 3周年記念ライブ“SS3A”感想記事はこちら

ずっとブログ書かなきゃなーと思いつつも特に担当周りに動きがあるわけでもなく、年度末特有の忙しさやら倦怠感やらグラブル5周年やらで書けずにおりました。1月は逝く、2月は逃げる、3月は猿。

けれどもようやくこれというネタが来てタイトル案がぱっと思いついたのでいつもの雑記記事を書きます。書くぞ。

 

 

f:id:tamamon_mt:20190325215505j:plain


 

うおおおおん!ゆかりだーー!!(涙)

 

…何ということでしょう。2016年12月の初恒常SSR[エアリアルロディア]以来2年3ヶ月ぶり、限定有香が出た頃からそろそろ来るかなー来るかなーと首を長くし続けてきた水本ゆかり2枚目のSSR[音色を抱きしめて]がこの度遂に実装されました!

 

まずは特訓前のこの姿!

水本ゆかり×電車、はい最強。可愛い子には電車に乗せよって我々は今井加奈ちゃんで大昔に学んだ。

加えて寝起きというシチュエーション!モバマスでの初SR[清純令嬢]特訓前を思い起こさせることもあって、ゆかりPへのダメージは色々な意味で抜群。劇場わいどを見れば更に抜群。フルートのケースを抱えているその姿も可愛いぞゆかり。

 

 

さて問題は引けるかということ。

この後もSSR岡崎泰葉ガシャやSSR綾瀬穂乃香ガシャを控えている(予定)身としてはここであまり浪費するのは避けたい。スカチケも近いかもしれない。でも引きたい。

とりあえず残しておいた無料ガシャ!引けない!

次!いつもの60ガシャ!

 

 

f:id:tamamon_mt:20190325215539j:plain

f:id:tamamon_mt:20190325215602j:plain

f:id:tamamon_mt:20190325215625j:plain

 

ぎゃおおおおん!ゆかりだーー!!(涙)

 

…何ということでしょう。どうせまた100連くらい勢いで回して泣く泣く撤退するパターンになると思ったらまさかの60、2発目で。

担当ガシャでおいしい思いができる世界線にようやく足を踏み入れたらしい2019年、残り9ヶ月も頑張りたいと思います。

 

 

f:id:tamamon_mt:20190325215657j:plain  f:id:tamamon_mt:20190325215722j:plain

 

衣装も可愛いのーよー!

今までゆかりが着そうで着なかったタイプのお洋服。凄くお似合いだと思います。

 

 

ここからはいつものアイマス振り返り!ざっくり2ヶ月分!まずはデレステ

 

f:id:tamamon_mt:20190325215757j:plain

f:id:tamamon_mt:20190325215816j:plain

 

2月9日、これからルルーシュの復活を目撃するぞと意気込んでいたら不意打ちを受けた案件。白菊ほたるのソロ曲『谷の底で咲く花は』がストーリーコミュと共にデレステで初公開&実装となりました。イヤホン用意してなかったので頑張って外で音声聴こうとした。

『楽園』に続いてGBNSとんでもないソロ曲持ってきたな、と感じると同時にフルがどういう展開を見せてくるのか楽しみな一曲。春発売とかいうCDの具体的な日程はいつ来るのでしょうか。白菊ほたるについてまた色々考えさせられたコミュの感想についても、CD発売時に改めて語ろうと思います。

 

 

f:id:tamamon_mt:20190325215849j:plain

 

担当5人の上位イベント以外で初めての2000位も取りました。

いやー…色々考えた結果、後々後悔することになるくらいならここで取っておこうと、丁度時間も余っていたしスタドリのストックも大量にあったので、貯まり過ぎた親愛上げも兼ねて走りました。

黒埼ちとせ白雪千夜、2人の感想についてはイベント初日にコミュを見終えた後の率直な感想記事を残してあります。近年稀に見るたまもんさんの行動力。

 

 

新アイドルといえば、彼女についてまだブログ内で触れていなかったので、今更ながら。

 

f:id:tamamon_mt:20190325220006j:plain  f:id:tamamon_mt:20190325220033j:plain


『はー、めっちゃやむ! 外見だけはくっそ健康に見えるかもだけど心はガラスのギリ10代! 学校辞めたい人生詰んでる! そんなぼくがりあむちゃんだよ!! アイドルになったらワンチャンあるかな!? な!?』

 

2月7日、モバマスの方の鳥取エリア追加でエリアボスとして出てきた新アイドル・夢見りあむ

年齢は19歳、出身地はやさしい世界、趣味は夜中の意味深ポエムと現場参戦、体重がリンゴたくさんでスリーサイズが「でっかい/ふつう/たぶんふつう(ただし後にB95だと判明する)」……とプロフィールを見る限りまぁまぁやべぇやつ。

セリフを見ても『チヤホヤされたい…チヤホヤ…チヤホヤ…』『うわーん、人から頼りにされたいよう!怪しい勧誘以外でー!』『炎上でもいい!目立ちたい!』などと危険で過剰な承認欲求の塊な面が受け取れる他、『顔がいいアイドルが…しゅき…』『推し変するしオタクは信用できない!ソースはぼく!』『全推しDDって言っておきながらぼくに興味ないヤツ!そこのお前!お前みたいなオタクがさぁー!』など趣味:現場参戦を活かした素晴らしい爆弾発言の数々も話題に。

 

先に登場した辻野あかりや砂塚あきらが現代(2019年)を象徴するアイドルだと言われていましたが、その路線を進みつつそこからよりヤバい要素をふりかけまくったという印象の夢見りあむ。

個人的には先日のホワイトデーでの、「アイドルから貰ったチョコのお返しとして手紙一通だけを渡す」というイベント時のセリフが面白かったです。他のアイドルが律儀に喜びを示してくれる中、りあむは『ついにきた!3倍返し!!これが!!!……あ、お返し、これ。……これ? いやいやいや、嬉しいけどね??嬉しいけど!?!? いやー、マジうれしいうれしいPサマ神……こんなぼくをチヤホヤしてくれる……でも本音では3倍返しがほし何でもないよーう!!』と正直な感想。いやでも普通そうだよね、そういうところが好きだぞりあむ。

これからも夢見りあむの言動に適度に注目していきたいと思います。

 

 

f:id:tamamon_mt:20190325220242p:plain

 

そして現在モバマスでは876プロとのまさかの4回目のコラボイベント「ディアリースタードリーム ~魔法のコンチェルト~」が開催中!

今回は原作でライバルポジション止まりだった桜井夢子が10年の時を経て遂にプロデュース可能アイドルとして登場!同時に詳細なプロフィールも設定され、10年来夢子を推してきたPにとっては文字通り夢のような展開に。………リュ・ヘナや安堂鞠王にも希望はありますか??

またストーリーではこれまでのコラボで登場した日高愛水谷絵理秋月涼の3名も引き続き登場する他、櫻井桃華(さくらい繋がり?)・佐城雪美星輝子などの小さいアイドルが重要な役柄で登場。配役を考えた人、また色々こじらせてる…。

またキャンペーンで過去の愛・絵理・涼の3人のぷちデレラとぷち衣装も貰えますので、2年前モバマスやってなかったよ!という方も是非この機会に。

 

 

続いてはおシャニマス

 

 

シャニマス1stライブ見てきました。通算3度目の舞浜アンフィシアターでのアイマス1st鑑賞。もちろんLVで。

いや~~どのユニットも良かったです。イルミネーションスターズの若々しさ、放課後クライマックスガールズの賑やかさ、アルストロメリアの可愛らしさ、どれも抱いてた印象そのままのものをしっかり見せて貰えて大満足なのですが、個人的に一番予想を超えたのはアンティーでしょうか。磯部花凜さん、普通にしゃべってる時は全然月岡恋鐘を感じないんですけど、歌ってる時の姿が見た目からしっかり歌唱時の恋鐘になってるというか……いや本当に感動したんですよ。あと八巻アンナさん、本当に白瀬咲耶にあぁいう人をあてがってくれて良かった。それと283プロ全体でのキャラの絡みも今回初めて見れたわけですが、田中摩美々ってそういう場でも中々おいしいポジションになるなと思いました。

 

 

…で、そのライブ2日目の夜に発表された新ユニット登場の件。その名も「Straylight(ストレイライト)」!

 

 

シャニマスでは初の中学生14歳・4コマでは天才の一面も見せる芹沢あさひ、こう見えて19歳・清楚と書かれているけど本当なのか?黛冬優子、シャニどころかアイマス全体を見ても異質な黒ギャル18歳・和泉愛依……と、また個性的な面々が集っています。

サービス開始時からアイドルがいずれ増えそうだとは言われてはいましたが、いざ実際に増えたらどうなるんだろうという気持ちで一杯です。またプロデュースを通して、何の印象も持ってないアイドル達に次第に熱中していく体験ができますね。

 

 

……なんだか今回は新アイドルの話が多かったですね。他にも松山久美子SSRとか、CharlotteCharlotteのCDの話とか(エミリリス確定おめでとう!)、SideMプロミのアレが見たかった話とか色々あるのですが、この後もあるのでこの辺で本編は一旦閉じたいと思います。

次は多分一週間後くらいにアイマス全体を語る機会があるんじゃないかな?かな……

 

 

おまけ

 

久々にこの枠で観た映画語るやつやります。

 

f:id:tamamon_mt:20190325220645j:plain

http://www.geass.jp/R-geass/

 

さっきもちらっと出した「コードギアス 復活のルルーシュ」。

今はもう亡き…けれども00・10年代アニメオタクの心の支えだった「日5枠」、その改編時一番最初の作品で、自分がこの枠を見続けるきっかけとなったのが「コードギアス 反逆のルルーシュR2」でした。一話を見た瞬間にめちゃめちゃドハマリして、そこから一期を一気見して、二期も毎週ハラハラしながら最後まで完走した思い出。好きなアニメシリーズ10選を選ぶなら間違いなく入ってくる作品。

 

途中「亡国のアキト」を挟み、これからもコードギアス関連の作品が続いていくといいなと思ってたら、まさかのルルーシュサイドの新作映画の発表。しかもこのタイトル。

正直ワクワクはしつつも、期待値はそこまででもありませんでした。予告ではスザクメインのような描かれ方でしたし、原作と(微妙に)展開を変えた総集編映画の続編という立ち位置でしたし、何よりオリジナルの放送から10年近くの時が経っていましたし。

…けれどいざ見てみたら、当時のままの「コードギアス 反逆のルルーシュがそこにはありました。場所も違うし戦う敵も違う、けれども確実に、あの視聴感覚は、たった2時間の映画だけども、あの当時見ていたルルーシュの新作でした。

 

これはもう是非ともあの当時コードギアスを見ていた全人類に見てほしい……というのも勿論ですが、「そういう体験ってできるんだ!」という感動の方が強かったですね。だって中々無いでしょ、元々人気作品だったのに10年近く経っていきなり新作映画が作られる作品。

その最たるものが同時期に公開され、コードギアスを凌ぐ盛り上がりを見せた「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」だと思うのですが、あれにせよこれにせよ、どの世代のオタクにも心の奥底に支えとなる作品があって、それがしっかりあの当時のまま新作が作られると、これ程嬉しいことは無いんですよね。

 

君の名は。」で単独アニメ映画作品ブームが巻き起こった2017・2018年ですが、これからはそれに加えて過去作品の新作映画ラッシュも起きないかなと期待しています。見たい作品いっぱいあるんだよ…。

 

 

おまけ2

 

f:id:tamamon_mt:20190325220935p:plain  f:id:tamamon_mt:20190325221002p:plain

f:id:tamamon_mt:20190325221040p:plain

 

3月23日は中野有香ちゃんの誕生日でした!おめでとう!!今年は誕生日記事はお休みなのでここでお祝い。

この一年は画像のキューティーファイターは勿論、さよならアロハや蒸機公演、最近ではWWG6巻の唯コーデの服装がめちゃめちゃ可愛かったです。日々心技体成長していく中野有香をこれからもよろしくお願いします!

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました

読者登録はこちらから↓